読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シン・ゴジラの感想など

 『シン・ゴジラ』の感想です。ネタバレ有り。

 拙文ですがお付き合いいただければ幸いです。

 

 

 

 観ました『シン・ゴジラ』! 今までのシリーズよりリアリティーの度合いをグッと上げて、ゴジラ日本上陸という大事件に翻弄されながら立ち向かう人間の様を描いた作品。『突入せよ!あさま山荘事件』と『プロジェクトX』を足したようなというか。

 

 巨大怪獣がもし上陸したならば、というシミュレーションを高いリアリティーでやってくれるものだから、(東日本大震災というモチーフがあるとはいえ)「そうか、怪獣が上陸したらそりゃそうなるよなぁ!」「あっ、この絵は怪獣映画で観たことない!」と感心しちゃうような新鮮なショットが散見されたのが嬉しいですね。

 

 新鮮といえばゴジラの熱線放射も、今までに無い見せ方でしたね。足下に爆風をぶち撒けてからの巨大熱線……いや光線! あっという間に灰燼と化す都心! 燃え盛る街に佇む荒ぶるゴジラを見た時、特撮大好きな皆さんは思ったんじゃないでしょうか。これ、『巨神兵東京に現る』じゃん!(そういえばゴジラの進化予想として、羽根が生えて大陸を超える可能性も、って言ってた!)

 

 『巨神兵東京に現る』は、昔ながらの特撮技術で新たに巨神兵を描くという作品のコンセプト上、成る程褒め言葉として作り物感が溢れたとフィルムでしたので「おっこの破壊は面白い!」と呑気に興奮できたものですが……リアリティーを高めまくった本作で、圧倒的な都市の大破壊を見せられると、「お、俺たちの街を蹂躙しやがって……!」と悔しさと絶望感で胸が詰まりました。おのれゴジラめっ!

 

 相手は通常兵器が通じない究極生物。首脳陣の多数が死亡。米国による核攻撃までの時間はない……。それでも! 生きている人間は善処しなくてはいけない。前に進まなくてはいけない。「でも、やるんだよ!」と抗う人々の姿は『プロジェクトX』的で燃える展開です。ここまで絶望的なシチュエーションではないにせよ、こういうの、大人なら仕事なりで経験、ありますよね? 共感や憧れを覚えます。もちろん、庵野総監督や樋口監督も現場で大変な状況を経験なさっていますでしょう。「仕事ですから!」なんてのも自らへの鼓舞でもあるんでしょうね。

 また、ヤシオリ作戦前の矢口の演説や、赤坂の「この国には若くて有能な人材がいる」的な台詞は、彼らが新たな次代のクリエイターへのメッセージでもありましょうね。

 

 対抗しうる怪獣も超兵器もないこの作品世界で、どうゴジラに挑むか。なんと、今までのシリーズでもゴジラに蹂躙され続けてきた都市ビルと電車を利用してゴジラの動きを止めるってんだから。そして対策班と日本各地の製造工場が作り上げた血液凝固剤を決死の特車隊が直接ゴジラの口に注ぎ込む!(ヤシオリ作戦とはよく言ったもの!) まさに人間の知恵と勇気! その手があったか!& その手しか無いよな! という二重の思いで感心。

 

 本作の続編を作ろうと思えば作れるように終わっているとは思うのですが、ここまでのテンションを保ちながら、トンデモ要素を排してゴジラに対抗しうる現実的な手段を考えるのは骨でしょうねぇ。や、もうこのゴジラはこの作品で完結すればいいと思うし、庵野&樋口コンビがゴジラを撮らなくてもいいでしょう。「終」だ「終」!

 

 粗がないといえば嘘ですが、とにかく面白かった! こんなゴジラがあったらと、色んな人が本作と同様のアイディアを夢想した事と思いますが、ここまで徹底して作るのは中々できないんじゃないかなぁ。 ……世界よ、これが「日本の」怪獣映画だ!

 

 

 

 以下、思った事を箇条書きで。

 

・(流石にもう「ゴジラは着ぐるみじゃないと認めん!」なんて人は殆どいないと思いますが)今回のシンゴジはCGで作って大正解ですよね。あの究極生物に、何か僕達との共通項であったり、コミュニケーションが取れそうだったりという余地を見出させてはいけませんよ。CGでそういう余地を完全に消したモンスターを作り上げたというのは、今回のゴジラの特性にぴったり合ってます。

 

プレジャーボートから消えた牧教授は、ゴジラに向かって身投げしたのか、あるいは某かの方法でゴジラに取り込まれたのか。会議シーンが劇場版パトレイバー2に似ているという意見を目にしましたが、僕はこの、いわゆる物語の発端を担った男が既に死んでいる点や、前述の「結局は知恵と勇気」が、劇パト1っぽいなーと思って観ていました。

 

ゴジラ初上陸時の第二形態。あれよくリークで事前バレしませんでしたよね。てっきり第三形態の形で上陸するもんだと思ってたので、あれには本当びっくりしました。ファニーフェイスで不気味に地を這う姿がまた気持ち悪い。

 

・会議シーンが矢鱈に早口な本作ですが、あれ早口にしないと観ててタルくなるから敢えてあの速度で喋らせて、テンポよく進めてるんじゃないかなーと。会議シーン以外はそんなに早口じゃないですし、意図的ですよね。聞き取れなくても大意は掴めるようにもなってますし。

 確かどこかのインタビューで、「撮影前の事前準備をしっかりやった。声優に台詞を色んな速度で喋らせてシミュレーションしてた」的な話を読んだ気がするのですが……。

 

・今回は自衛隊の攻撃が百発百中でゴジラに命中してるのがいいですよね。過去作品では特撮技術上の仕方ないのでしょうが、この距離で外すんかい!ってなくらい結構攻撃を外しててちょっと格好悪いんですよね。またあれだけ的確な集中砲火を受けてもビクともしないという、ゴジラの強さの証明にも一役買ってますし。

 

・東京に核攻撃がなされる事に対して、「アメリカはニューヨークでも同じことをすると言っている。」という台詞がありましたね。これ、84ゴジラの有名な台詞、「あなた方の国アメリカやソ連ゴジラが現れたら、首都ワシントンやモスクワで、ためらわずに核兵器を使える勇気がありますか?」へのアンサーでもあるのかな、と。